【スマホ版に表示を変更する(スマホからアクセスした場合のみ切り替わります)】


フランクリン 阪神デビュー予定 新馬戦での期待値は?

0

    9月もディープ産駒の期待馬が続々デビュー予定。

    今回はこの馬。

     

    馬名(性):フランクリン(牡)

    父:ディープインパクト

    母:ロベルタ

    母父:ブライアンズタイム

     

    母ロベルタは自己条件で終るも、皐月賞馬ヴィクトリーの全妹。祖母のグレースアドマイヤはダービー馬フサイチコンコルドの妹に当たり、所謂バレークイーン一族。クラシックの活躍馬を多数排出している日本で活力のある母系です。

     

    ロベルタの仔はまだ目立った活躍馬は出ていませんが、ディープ×ロベルト系。似たような配合で近親に日本ダービー3着のアドミラブルが居るだけに当たればデカイ馬がいつ出てくるか分からないのが魅力です。

     

    フランクリンのデビュー戦は阪神2週目の芝1800mを予定。騎手は未定です。

     

    ここで、血統と厩舎からフランクリンの新馬戦での期待値を出してみたいと思います。

    ※評価は5段階

     

    【厩舎】

    ★★★

     

    音無厩舎は過去5年、阪神芝1800mの新馬戦を11回使って【2-3-0-6】と同条件で勝ち星は3位タイ。一見良さそうに見えますが、平均人気3.7番人気に対し平均着順は5.2着と人気よりも実績は下回っています。但し3番人気以内なら【2-2-0-1】と信頼度が上がるので、上位人気なら星4まで押し上げても良いと思います。

     

    【血統】

    ★★★★

     

    ディープインパクト産駒はこの5年で【9-4-4-16】で9勝。この条件で2位がハーツクライの2勝なので、断トツで成績がいいのが分かります。ただ産駒数も33頭と数も断トツで多く、平均人気2.9番人気に対し着順は4.5着。勝率27.3%で単回収率も76%と人気ほど勝っていない印象を受けました。

     

    3番人気まで絞ると【9-4-2-8】で3番人気以内でないと連対馬なし。人気を集めるようなメンバー構成なら大丈夫そうですが、メンバーが揃って人気が割れる様だと、ディープだからと言って安易に飛びつくのはちょっと危険かなと思います。

     

     

    厩舎と血統から評価してみましたが、如何でしたでしょうか?

     

    阪神の芝1800mデビュー戦は来年のクラシックを見据えると適性な距離だけに思った程、人気は割れると思います。目安は3番人気以内かどうかでしょう。

     

     

    【告知】

     

    ここまでご覧頂き有難うございます。

    競馬ブログ以外にも色々なコース別に深堀りした電子書籍を書いています。

    アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

     

    ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

     

    Android版Kindle電子書籍リーダー

     

    iOS版Kindle電子書籍リーダー

     

    未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

    まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

     

     

     

    シンプルデータde競馬予想!新潟ダート1200m編: 新潟ダート1200m攻略

     

    シンプルデータde競馬予想!中山ダート1200m編

     

    狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

    過去のデータを使いこなせば劇的に競馬予想は上手くなる(東京ダート1600m編)

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:POG


    サトノソロモンは夏デビュー濃厚 新馬戦はどこがいい?

    0

      今年のサトノ軍団の一番手。

       

      馬名(性):サトノソロモン

      父:ディープインパクト

      母:イルーシヴウェーヴ

      母父:Elusive City

       

      母イルーシヴウェーヴはフランスの桜花賞に当たる1000ギニーを勝つなど重賞4勝を挙げた馬。セレクトセール2億8000万で里見オーナーがご購入。上の2頭が走っていないのですが、母の実績からか高額ですね。

       

      母系はゴーンウエストの血を引くミスプロ系で、ディープ×ミスプロ系では今年のダービー馬ワグネリアン等、活躍馬多数。配合では文句はないです。

       

      既にゲート合格済でデビューに向けて調整中。注目の新馬戦は秋ではなく、ローカルの夏開催。新潟か小倉が濃厚とのこと。

       

      そこで、厩舎と血統から小倉と新潟どちらの方が期待が持てるか調べてみました。

      評価は5段階

       

      【小倉新馬戦】

      厩舎:★★★★

      血統:★★

      期待できる距離:小倉芝1800m

       

      2013〜2017年の小倉芝の新馬戦で調べてみると、池江厩舎は全厩舎の中でトップの5勝。勝率35.7%と高い数字でこの時期に卸す新馬は結果を出していますし、該当馬にペルシアンナイトも居ます。大物も結構でてきます。

       

      対して血統でみると、ディープ産駒は小倉の芝新馬戦は苦戦。この5年で【2-4-0-9】と2歳リーディングを取り巻くっている大種牡馬にしては物足りない数字です。

       

      また、新馬戦は2000mよりも1800mの方が厩舎、血統ともに成績が上向いていますので、コチラの方が期待できます。

       

       

      【新潟新馬戦】

      厩舎:★★★★

      血統:★★★★

      期待できる距離:新潟芝1600m

       

      関西の厩舎なので、池江厩舎は殆ど新潟で下ろす事がなく、この5年で該当馬は5頭。しかし成績は【2-0-2-1】で最低でも4着。兎に角掲示板に入る確率が非常に高いです。該当馬にはサトノアラジンがおり、厩舎の中でも確勝級の馬を持ってくる傾向にあります。

       

      血統面においてはディープ産駒はこの5年でキンカメに次ぐ7勝で2位。キンカメには劣るものの、該当馬が41頭いて勝率が17%もあるので、新潟は得意コースです。特に芝1600mが7勝中4勝を挙げてますので、狙うならこのコースだと思います。

       

      厩舎としてはどちらでも結果を残していますが、ディープ産駒の傾向からみると、新潟の方が期待できそうですが、さて、、、どちらで卸すかも注目ですね。

       

       

      他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

       


      一口馬主ランキング
      にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
      にほんブログ村

       

       

      【告知】

       

      ここまでご覧頂き有難うございます。

      競馬ブログ以外にも色々なコース別に深堀りした電子書籍を書いています。

      アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

       

      ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

       

      Android版Kindle電子書籍リーダー

       

      iOS版Kindle電子書籍リーダー

       

      未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

      まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

       

       

       

      シンプルデータde競馬予想!新潟ダート1200m編: 新潟ダート1200m攻略

       

      シンプルデータde競馬予想!中山ダート1200m編

       

      狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

      過去のデータを使いこなせば劇的に競馬予想は上手くなる(東京ダート1600m編)

       

       

       

      JUGEMテーマ:POG

       


      ソルドラード 8/4 新潟芝1600m デビュー 新馬戦の期待値は?

      0

        今年もあの牝馬の仔が見せつけるのか?

         

        馬名(性):ソルドラード(牡)

        父:ロードカナロア

        母:ラドラーダ

        母父:シンボリクリスエス

         

        初仔のティソーナは3歳OP勝ち、レイデオロは日本ダービー馬、1つ上のレイエンダは骨折明けも含めて3戦3勝、セントライト記念も圧倒的1番人気に推されそうな存在。兄弟すべてOP級という凄い繁殖牝馬です。

         

        祖母にディープの姉レディブロンドが居て、母父に好馬体の仔を出すシンボリクリスエス。この血統背景が優秀な仔をコンスタントに出し続けている要因でしょう。

         

        生産したノーザンファームや管理する藤沢厩舎ではマイラーという評価で、当初の札幌から新潟に変更。8月4日の新潟芝1600mでルメール騎手でデビューを予定しています。

         

        ここで厩舎、血統、騎手の3項目で新馬戦の期待値を出してみました。

        ※評価は5段階

         

        【厩舎】

        ★★★★

         

        藤沢厩舎は基本8月は札幌で新馬を卸す事が多いので、新潟デビューは珍しく、この5年で8月に新潟芝1600mでデビューしたのは僅か1頭。15年にミネットという牝馬がデビューして3着。芝ダート距離関係なく8月新潟で調べてみても、ミネットと芝1800mでデビュー勝ちのミッキーユニバースだけ。

         

        元々新馬から仕上げてくる厩舎ではないですし、頭数も少ない為なんとも言えませんが、デビューした2頭はともに3着以内で結果を出していますので★4にしておきます。

         

        【血統】

        ★★★★

         

        昨年デビューのロードカナロア産駒でコレもデータが少ないのですが、昨年は新馬未勝利含めて4頭がこのコースに出走し、【1-0-0-3】と勝ち上がりは1頭だけ。とは言え、ロードカナロアは昨年マイル戦を17勝も勝っており、勝率は脅威の32%と距離は問題なし。血統が足を引っ張ると言う事はないでしょう。

         

        【騎手】

        ★★★★★

         

        ルメール騎手は日本の騎手になった2016年から新潟芝1600mは4回しか騎乗経験はありませんが【2-1-1-0】と完璧な騎乗。このコースもごっちゃんです。コース経験は少ないですが、この結果を見る限りまったく問題なさそうです。むしろずっと新潟で乗っていれば、リーディング取れるのでは?

         

        ここまでみると、サンプル数はすべて少ないのですが、高いレベルで期待できそう。不安よりも期待の方が大きいです。楽しみに待ちましょう。

         

        他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

         


        一口馬主ランキング
        にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
        にほんブログ村

         

        【告知】

         

        ここまでご覧頂き有難うございます。

        競馬ブログ以外にも色々なコース別に深堀りした電子書籍を書いています。

        アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

         

        ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

         

        Android版Kindle電子書籍リーダー

         

        iOS版Kindle電子書籍リーダー

         

        未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

        まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

         

         

         

        シンプルデータde競馬予想!新潟ダート1200m編: 新潟ダート1200m攻略

         

        シンプルデータde競馬予想!中山ダート1200m編

         

        狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

        過去のデータを使いこなせば劇的に競馬予想は上手くなる(東京ダート1600m編)

         

         

         

        JUGEMテーマ:競馬


        【POG】ウーリリ 10月京都デビュー予定。新馬戦の期待値は?

        0

          ダービー馬の全弟が秋に備える

           

          馬名(性):ウーリリ

          父:ディープインパクト

          母:ウィキウィキ

          母父:フレンチデピュティ

           

          兄はダービーを勝ったマカヒキ、姉に短距離〜マイルで重賞2勝をあげたウリウリがいる良血で、金子氏が長く持ち続けているウィキウィキの仔です。

           

          ディープ×フレンチの組み合わせはマカヒキやウリウリ、マウントシャスタ、カミノタサハラ等活躍馬が多数おり本馬も期待の持てる1頭です。

           

          7月にゲート試験を合格。再び放牧し秋に備える事に。管理する友道先生によると、デビューは10月の京都など秋以降のデビューを目指すとの事。

           

          ここで厩舎と血統から10月の京都芝の新馬戦の期待値を出してみたいと思います。採用したデータは2013〜2017年の5年分の10月京都芝の新馬戦となります。

           

          ※評価は5段階

           

          厩舎

          ★★★★★

           

          友道厩舎はこの条件では唯一4勝を挙げてトップ。成績も10月京都の芝レースに8頭新馬戦で卸しており【4-1-0-3】で2頭に1頭が勝ちあがり。対象馬はマカヒキ、ヴィブロス、ヴォルシェーブ、スーパーフェザーとG1馬が2頭もいました。厩舎でみればケチのつけようがありません。

           

          血統

          ★★★★

           

          ディープ産駒は10月京都の新馬戦でトップの10勝。2位がハーツクライの5勝で確かに出走頭数も多いのですが、成績が落ちていないのが凄い。但し平均人気が2.6番人気に対して平均着順は4.6着。単勝回収率が53%しかない事から過剰人気にもなりがちですので、期待値が高すぎる傾向にある事から★4にさせて頂きました。

           

          結果を出しているのは芝1600mか芝1800mのどちらか。成績がよりいいのは1800mでマカヒキの新馬戦も京都芝1800mだった事から恐らくここでしょう。

           

          ちゃんと10月京都までに態勢が整えば、新馬戦から十分期待して良いと思います。デビューが楽しみです。

           

           

          他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

           

           


          一口馬主ランキング
          にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
          にほんブログ村

           

           

          【告知】

           

          ここまでご覧頂き有難うございます。

          競馬ブログ以外にも色々なコース別に深堀りした電子書籍を書いています。

          アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

           

          ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

           

          Android版Kindle電子書籍リーダー

           

          iOS版Kindle電子書籍リーダー

           

          未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

          まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

           

           

           

          シンプルデータde競馬予想!新潟ダート1200m編: 新潟ダート1200m攻略

           

          シンプルデータde競馬予想!中山ダート1200m編

           

          狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

          過去のデータを使いこなせば劇的に競馬予想は上手くなる(東京ダート1600m編)

          JUGEMテーマ:POG


          アルママ 7/28 札幌デビュー 新馬戦の期待値は?

          0

            今回もPOGで注目の新馬が新馬戦を勝つ可能性を探っていきます。

             

            今回は岡田総帥の一番馬と思われるこの馬。

             

            馬名(性):アルママ(牡)

            父:オルフェーヴル

            母:ホエールキャプチャ

            母父:クロフネ

             

            オルフェーヴル産駒は初年度からエポカドーロ、ラッキーライラックという当たればデカイホームランを出す種牡馬。そして母のホエールキャプチャはヴィクトリアマイルを含む重賞5勝を挙げた名牝。この仔はその初仔となります。オルフェーヴルとホエールキャプチャは芙蓉Sで一緒に走った事があり、その時はホエールが勝ちオルフェは2着。なかなか運命を感じさせる配合です。

             

            なにせ岡田総帥が1億8000万で購入。千代田牧場は名門とは言え、日高の馬にこれだけの評価がされる事も凄いですが、POG本でも2歳の時点で古馬OP馬をアオる動き、既に走る事は分かっている、といった記事が掲載されており、ここまで明確にこの馬は走りますと牧場サイドがコメントを残すのはなかなか無いので、個人的にも相当期待しています。

             

            気になる新馬戦は7月28日 札幌芝1500mを柴田大知騎手でデビュー予定。

             

            ここで、血統、厩舎、騎手の観点からアルママの新馬戦を占ってみたいと思います。

            ※評価は5段階評価

             

            血統

            ★★

             

            初年度産駒という事もあり、データが少ないのですが、札幌芝でデビューしたオルフェーヴル産駒は【0-1-1-4】と勝ってはいませんが、6頭中2頭が馬券内。その2頭は1番人気と3番人気なので、上位人気に推されていればチャンスは少しはありそう。オルフェーヴル産駒自体、昨年の2歳馬による芝新馬戦の成績は【4-5-8-64】で勝率4.9%しかないので、デビューからいきなり期待という種牡馬ではないですね。

             

            ですが、その新馬戦を勝った4頭中2頭がラッキーライラックとロックディスタウンなので、新馬戦を勝つようなら相当期待が持てそうです。

             

            厩舎

            ★★★

             

            アルママを管理する畠山厩舎はリニューアル後の2013年からこれまで札幌でデビューした馬はデータ上無し。ですので、直近3年の芝新馬戦を見てみると【5-2-2-36】で勝率11.1%と思ったよりいい数字。平均人気8.0倍に対して平均着順が7.6着と人気より上に持ってきていますし、何気にウインブライトとかを管理している厩舎なので、全然ダメというわけではないです。

             

            騎手

            ★★★

             

            柴田大知騎手も畠山厩舎同様、殆ど札幌の新馬戦に騎乗しておらず2013年〜2017年まで僅か2回。そこで厩舎同様、直近3年の芝新馬戦の成績をみてみると【12-9-15-154】で勝率6.3%と思ったより低い数字。とはいえ、4番人気以内なら【9-6-8-25】で勝率18.8%で回収率112%もありました。今回アルママは上位人気必至なので、いい馬に乗れば結果は出しているので★3にしておきます。

             

             

            厩舎と騎手がほとんど札幌新馬戦を経験していないので、その辺りが未知数。オルフェ産駒も新馬からガッツリという感じでもないので、新馬戦に関しては人気の割には不確定要素が強いなと感じました。

             

            その分、新馬を勝つようならOPクラスの可能性はかなり高いので、そうであってほしいと願うばかりです。

             

             

             

            他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

             


            一口馬主ランキング
            にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
            にほんブログ村

             

             

            【告知】

            ここまでご覧頂き有難うございます。

            競馬ブログ以外にも電子書籍を書いているのですが、また1冊夏競馬で使える電子書籍を書きました。

             

            狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

             

            題して

            狙い撃ち!夏競馬は芝よりダート!

             

            夏競馬で戦える本を、というコンセプトの元、函館と札幌のダート1700mを買う前に知っておきたい情報を纏めました。未勝利戦、500万、1000万とOP戦とクラス別で纏めています。

             

            この本で掲載されているデータを基に

            2018年の大沼Sをブログで予想して的中しています。

             

            価格は900円で設定させて頂いていますが、アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

             

            ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

             

            Android版Kindle電子書籍リーダー

             

            iOS版Kindle電子書籍リーダー

             

            未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

            まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

             

            JUGEMテーマ:POG


            シェーングランツ 7/29 札幌デビュー予定 勝算は?

            0

              今年も藤沢厩舎に良血2歳馬が続々集結。

              この馬もその1頭。

               

              馬名(性):シェーングランツ(牝)

              父:ディープインパクト

              母:スタセリタ

              母父:Monsun

               

              母スタセリタは仏オークス(G1)、ヴェルメイユ賞(G1)、サンタラリ賞(G1)、ビヴァリーディS(G1)、フラワーボールS(G1)、ジャンロマネ賞(G1)のとG1を6勝しエクリプス賞の最優秀芝牝馬に選ばれた名牝。姉のソウルスターリングはオークスと阪神JFの2勝。父がディープインパクトに変わってどうなるか?

               

              デビュー戦は札幌芝1800mで北村宏司騎手で予定。将来性は期待してしまいますが、先ず気になるのは新馬戦。

               

              ここで、血統、厩舎、騎手のカテゴリー別から新馬戦で好走できるか、期待値を出してみたいと思います。

              ※評価は5段階

               

              【血統】

              ★★★

               

              改装後の2013年から2017年の4年分のデータから札幌芝1800mの新馬戦でディープ産駒は【1-1-2-4】で複勝率は50%ありますが、2歳リーディングを何年も取っている種牡馬にしては思った程良くない数字。トップはハービンジャーで【5-2-3-15】と比べると札幌デビューいきなり勝利は結構高いハードルです。

               

              但し、負けた馬の中にはサトノラーゼン、サトノアレスがいるので、決して勝てなかったからと言って将来性はないというものでもなさそう。星3はあくまで新馬戦での期待値で出しました。

               

              【厩舎】

              ★★★★★

               

              藤沢厩舎は芝1800mの新馬戦で【3-1-1-3】と3勝を挙げており、現役調教師では東西併せてトップの成績。ここで勝った馬はフラットレー、レイエンダ、ソウルスターリング。負けた馬の中にもゴーフォザサミット、サトノアレスがいて、ここで使う馬はかなり高い確率で将来性が高い馬の可能性が高いです。新馬戦でみてもその先をみても文句なしの星5です。

               

              【騎手】

              ★★

               

              北村宏司騎手はこの4年間札幌では新馬戦はおろか芝1800mも殆ど乗っていない状況。札幌での実力が未知数な上、この4年間の芝の新馬戦での北村宏司騎手の成績をみてみると、勝率7.6%。全体の芝新馬戦で騎乗機会200回以上の騎手の中では11位と平均的な成績を出していますが、平均人気5.4番人気に対し平均着順は6.6着。要は人気より上の着順に持ってくる騎手ではないことが判ります。

               

               

              ここまで総合すると、藤沢厩舎がここの新馬戦で下ろすだけで将来性に対する期待値は高いのですが血統と騎手から新馬戦での勝ち負けはちょっと厳しいのかな?という気もしています。

               

              目指すは来年の牝馬クラシックなので、先ずはそれを意識させるような素質の片鱗を見せてくれれば。

               

               

              他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

               


              一口馬主ランキング
              にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
              にほんブログ村

               

               

              【告知】

              ここまでご覧頂き有難うございます。

              競馬ブログ以外にも電子書籍を書いているのですが、また1冊夏競馬で使える電子書籍を書きました。

               

              狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

               

              題して

              狙い撃ち!夏競馬は芝よりダート!

               

              夏競馬で戦える本を、というコンセプトの元、函館と札幌のダート1700mを買う前に知っておきたい情報を纏めました。未勝利戦、500万、1000万とOP戦とクラス別で纏めています。

               

              この本で掲載されているデータを基に

              2018年の大沼Sをブログで予想して的中しています。

               

              価格は900円で設定させて頂いていますが、アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

               

              ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

               

              Android版Kindle電子書籍リーダー

               

              iOS版Kindle電子書籍リーダー

               

              未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

              まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

               

               

               

               

               

              JUGEMテーマ:POG


              【POG】ブラヴァス いよいよ中京芝2000mでデビュー

              0

                7月最初から注目馬が出走

                 

                馬名(性):ブラヴァス(牡)

                父:キングカメハメハ

                母:ヴィルシーナ

                母父:ディープインパクト

                 

                母ヴィルシーナは3歳牝馬クラシックで全て2着。その後はヴィクトリアマイル連覇や宝塚記念で3着に入るなど長い期間活躍した名牝。ブラヴァスはその初仔となります。

                 

                デビュー前から友道先生もお気に入りの1頭。雑誌やテレビの取材でもいい馬だとハッキリ名言しています。

                 

                自分も今年のPOGでドラフト1位指名で競合しながら抽選で勝ち取った馬。是非とも走って欲しいです(笑)新馬戦は7月8日の中京芝2000mの新馬戦に武豊騎手でデビュー予定。ここはPOGでも人気のダノンチェイサーや角居厩舎で評判となっているトーセンカンビーナらが出走してきます。

                 

                ここで厩舎、血統、騎手の3項目で新馬戦の期待値を出してみました。

                ※評価は5段階

                 

                【厩舎】

                ★★★★★

                 

                この5年間で中京芝2000mには友道厩舎は6頭出走させて【3-0-0-3】と3頭が勝ちあがり。勝ちあがった馬の中にはワグネリアンがいますし、負けた3頭中2頭は4着で掲示板を確保。ここで卸す新馬は高い確率で結果を残しています。流石中長距離の友道厩舎です。厩舎は間違いないです。

                 

                【血統】

                ★★

                 

                キングカメハメハ産駒はこの5年で9頭出走し【0-2-1-6】と勝ちあがった馬なし。該当馬は1番人気を背負った馬も居たのですが、2着まで。キンカメ産駒自体、この5年中京に限らず芝の新馬戦全体の勝率は10.9%とディープの23.8%や昨年ブレイクしたロードカナロア17.1%の比べると見劣りするので、血統面でみると、新馬戦から活躍する種牡馬ではないといえます。

                 

                【騎手】

                ★★★★

                 

                この5年で武豊騎手は中京芝2000mの新馬戦には2回しか騎乗しておらず、コレだけだとちょっと評価のしどころがないので、中京芝2000mでの成績を確認すると、【7-2-6-30】で勝率15.6%。

                 

                この5年で40回以上騎乗回数があった騎手で括ると上位5位の成績で騎手成績は問題ありません。日本を代表する騎手に恥じない成績だと思います。

                 

                こうしてみると、調教師と騎手に関しては文句はありませんが血統面で不安。新馬戦に限っての事なので、2戦目以降は期待できると思いますが、新馬戦は過度な期待はしない方がいいと思います。

                 

                 

                他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

                 


                一口馬主ランキング
                にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
                にほんブログ村

                 

                 

                【告知】

                ここまでご覧頂き有難うございます。

                競馬ブログ以外にも電子書籍を書いているのですが、また1冊夏競馬で使える電子書籍を書きました。

                 

                狙い撃ち! 夏競馬は芝よりダート! 函館&札幌ダート1700m攻略 (keibax)

                 

                題して

                狙い撃ち!夏競馬は芝よりダート!

                 

                夏競馬で戦える本を、というコンセプトの元、函館と札幌のダート1700mを買う前に知っておきたい情報を纏めました。未勝利戦、500万、1000万とOP戦とクラス別で纏めています。

                 

                この本で掲載されているデータを基に

                2018年の大沼Sをブログで予想して的中しています。

                 

                価格は900円で設定させて頂いていますが、アマゾンの電子書籍読み放題サービス対象本にもなっています。

                 

                ちなみに、amazonの電子書籍ですが、kindleが無くてもお使いのスマートフォンに電子書籍リーダーのアプリをインストールすれば読む事ができます。

                 

                Android版Kindle電子書籍リーダー

                 

                iOS版Kindle電子書籍リーダー

                 

                未だインストールされていなければ、先に電子書籍リーダーのアプリをインストールしておいて下さい。

                まだ、電子書籍に触れた事がないという方も是非この機会に読んで頂ければ幸いです。

                 

                 

                JUGEMテーマ:POG


                ホウオウライジン 6月阪神か中京でデビュー

                0

                  POG人気馬が集中する6月新馬戦。その中でも注目の1頭。

                   

                  馬名(性):ホウオウライジン(牡)

                  父:キングカメハメハ

                  母:ガールオンファイア

                  母父:アグネスタキオン

                   

                  母ガールオンファイアは未出走も祖母はレディブロンドでウインドインハーヘア一族。レイデオロの従兄弟にあたり、活力のある牝系です。セレクトセールで1億9440万と母が未出走で上が走っていない中、破格の金額でした。

                   

                  厩舎は矢作厩舎で、6月24日の阪神芝1800mか6月30日の中京芝1600mのどちらかに出てくる様ですが、想定では6月24日ならデムーロ騎手を予定。

                   

                  今回は阪神芝1800mに出走を前提に、厩舎、騎手、血統の3項目を過去10年のデータから、ホウオウライジンの新馬戦での期待値を出してみたいと思います。

                   

                  【厩舎】

                  過去10年でみても、矢作厩舎が6月阪神で芝の新馬戦を使ったのは僅か2回。わざわざ東京でデビューさせたりする事が多かった厩舎なので、最近の早期デビューの流れに矢作厩舎も対応しているという事なのでしょうか。

                   

                  その2回の出走は3着と5着。勝ってはいませんがそれなりに結果は出しています。

                   

                  【騎手】

                  デムーロ騎手が日本の騎手になった15年から6月阪神新馬戦では【0-4-0-7】と未勝利。とはいえ、今年アウィルアウェイとサートゥルナーリアですでに6月阪神の新馬戦で2勝。まあ誰が乗っても勝てるであろう馬だったので、なんとも言えないところですが。これまでのデムーロ騎手の実績から考えると、まだまだ単回収率が低いので、騎手としてみたら、期待値より実績値は低いです。

                   

                  【血統】

                  キングカメハメハ産駒はこれまで6月芝の新馬戦は17頭出走し、【0-2-3-12】でまさかの未勝利。

                  平均人気4.8番人気で平均着順は6.1着と人気より実績値が下回っています。

                   

                  このカテゴリーで出走して、その後そこそこ活躍したのは、デリッツァリモーネぐらいでした。

                   

                  こう見ると、厩舎は兎も角、血統面で大きく見劣りします。

                   

                  矢作厩舎も新馬戦からしっかり仕上げる厩舎ではないので、その先に繋がりそうなレースをしてくれれば。逆に勝つようだと、条件的に余りよくないデータが揃った中での勝利なので、牡馬クラシックが楽しみな存在になりそうですが、さて、、、

                   

                  他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

                   


                  一口馬主ランキング
                  にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:POG

                   


                  【POG】ミディオーサ 東京芝マイルでデビュー

                  0

                    今回からはPOGで人気だった2歳馬のデビュー前の馬を取り上げていきたいと思います。

                     

                    今回はこの馬

                     

                    馬名(性):ミディオーサ

                    父:ディープインパクト

                    母:ミスエーニョ

                    母父:Pulbit

                     

                    姉にファンタジーSを勝ったミスエルテが居ます。姉はコレぐらいの実績があると、その下に期待したくなっちゃいますね。父がフランケルからディープに変わり、牝馬に出たので十分クラシックを意識させる血統背景となっています。

                     

                    ここから、厩舎、騎手、種牡馬別にこの5年(2013〜2017)で6月東京デビューがハマりそうか調べてみると、、、

                     

                    【厩舎】

                    この5年で6月東京で堀厩舎が新馬を下ろしたのは4頭で【0-1-1-2】で未勝利。サトノオンリーワン、クラシコは2,3着、マックヴァンは競争中止、そしてアルバートも2歳6月デビューでしたが12着でした。

                     

                    平均人気1.5番人気だった事を考えると、厩舎的にはちょっと弱いですね。大成したのは今のところアルバートだけ。

                     

                    【騎手】

                    ヤネの石橋脩騎手はこの5年の6月東京新馬戦だけでみると【0-1-0-10】ただ、平均8.8番人気とあまり人気馬に乗っていませんでしたし、唯一2着になった時は9番人気の馬。最近の活躍ぶりをみていると、そこまでネガティブな印象はありません。

                     

                    【血統】

                    この5年に限って言えばディープインパクト産駒は8頭走って4頭が勝ちあがり。負けた4頭中3頭は掲示板確保と、この条件では最も結果を出しています。流石種付け料4000万。

                     

                    厩舎はこの時期だけは結果が出ていない堀厩舎なので、少し不安ですが血統と騎手は問題ないかと。新馬戦は掲示板確保してくれればいいでしょう。

                     

                    ちなみに堀厩舎はこの時期調子が良くないだけで、この5年2歳芝レースに限って言えば全国で4位の27勝を挙げているので、例え負けても、5着以内に入っていれば、そんなに気にしなくても良いと思います。

                     

                     

                    他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

                     


                    一口馬主ランキング
                    にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
                    にほんブログ村

                     

                    JUGEMテーマ:POG


                    【POG】2018年のドラフト終りました

                    0

                      先週土曜日は日曜の未勝利戦ブログの予想を休んでまで、毎年恒例仲間内のPOGドラフト会議にオールで参加してきました。

                       

                      昨年はドラフト4位で取ったステルヴィオが頑張ってくれたおかげで10人中4位。無事Aクラス入りを果たす事ができましたが、年々いつも参加しているメンツのレベルが上がっているので、欲しい馬が取りづらくなってます。隠し玉や人とは違う目線で馬を選択する優先順位を変えていかないと厳しくなってますね。だから面白いのではありますが

                       

                       

                      さて、自分が参加しているPOGグループは10名15頭+特別ルールで賞金2倍馬1頭でやってます。
                      今年は10回目という事で特別ルール馬を2頭にしました。

                       

                      この2倍馬ルールが厄介で、過去には16位にロゴタイプを指名されて圧勝したツワモノもおり、運とセンスが問われる指名となっています。

                       

                      早速、今年指名した精鋭たちを紹介したいと思います。

                       

                      指名順 母父
                      1 キングカメハメハ ヴィルシーナ ディープインパクト
                      2 ディープインパクト スタセリタ Monsun
                      3 ロードカナロア クィーンズバーン スペシャルウィーク
                      4 オルフェーヴル ホエールキャプチャ クロフネ
                      5 ディープインパクト ワイ Galileo
                      6 ディープインパクト ジョリージョコンド Marju
                      7 マンハッタンカフェ マンドゥラ Danehill Dancer
                      8 ディープインパクト アルーリングボイス フレンチデピュティ
                      9 ジャスタウェイ ピリカ Monsun
                      10 オルフェーヴル ミュージカルウェイ Gold Away
                      11 ロードカナロア ザレマ ダンスインザダーク
                      12 キンシャサノキセキ ラフアップ クロフネ
                      13 Awesome Again Heavenly Romance Sunday Silence
                      14 グランプリボス セルリアンブルー コマンダーインチーフ
                      15 キングカメハメハ ブエナビスタ スペシャルウィーク
                      16 ハービンジャー ブリトマルティス スペシャルウィーク
                      17 ディープインパクト メイキアシー Sadler's Wells

                       

                       

                      1位はヴィルシーナの仔。馬名はブラヴァス。

                      正直、情報が出始めた早い段階で1位候補。それぐらい馬体が一番良く見えました。

                      マイナス要素といえば初仔というぐらいで厩舎、牧場、馬体重、血統、馬体のシルエットどれをとっても文句なし。

                       

                      結構ベタ褒めです(笑)

                       

                      ドラ1はシーザリオに10人中5人指名してきましたが、ヴィルシーナは自分を含めて2名。単独イケるかとおもっていましたが、甘く無かったです。それでも抽選勝ちして自分の手元に来たのは幸運。7月のデビューが待ち遠しい。

                       

                      2位は牝馬一位候補のスタセリタ。馬名はシェーングランツ。

                      ソウルスターリングの妹で、札幌デビューという点に惹かれました。藤沢厩舎のクラシックで走る馬は得てして札幌芝デビューが多いというデータがあったのと、牡馬1位が予定通り取れたので牝馬2番手評価を取りにいきました。

                       

                      本当はミスエーニョが牝馬1位だったのですが、ドラフトハズレ1位で消えていきました。流石に甘くなかったです。

                       

                      3位は即戦力が欲しかったので、日曜デビューが決まっていたアカネサス。

                      追い切りでサングレーザーに先着ってそりゃあね。。。新馬戦はちょっと危なかったけどキッチリ勝ちあがり。次は札幌2歳とか?ちょっと陣営さん強気すぎないか?とは思いますが、、、

                       

                      4位〜7位はPOGはダービーを取りにいくゲームなので、残りの馬の中から中長距離で活躍が見込めそうな馬を選択。

                       

                      特に4位の馬名アルママは正直馬体はさほど良く見えなかったのですが、黒本のコメントが「古馬OP馬をアオる動き」「もう走るのは分かった」と濁すコメントが多い牧場関係者のコメントが多い昨今、ここまでハッキリと走りますと宣言したのは久々に見たので、当たりと判断。メンバーの1人がオルフェーブル固めしていたのもあり、取れるうちにと思い4位となりました。

                       

                      8位以下は手堅く稼ぎそうな馬を中心に。12位の馬名シングルアップは父がキンシャサノキセキで日曜阪神の新馬戦を4番人気ながら勝ちあがってます。これも即戦力として成功。

                       

                      そして、16位と17位の特別ルール。

                      昨年の1位と最下位の2名が特殊ルールを考えて、その馬のポイントが2倍になる、というものです。

                       

                      16位は、昨年の指名馬で最も賞金を稼がなかった馬の父限定、になりました。

                      自分の対象種牡馬はハービンジャー。この時点で欲しい馬は1頭だけ。

                       

                      そう、スマートユニバンス!(父ハービンジャー)

                       

                      6月2日の土曜夜にドラフトを行っているのですが、土曜日走った馬のポイントはもらえるルールなので、早速2着の2倍ポイントをゲット。最後の直線の伸び脚とか見る限り、直ぐに未勝利は脱出するでしょうし、頭使いませんでしたw

                       

                      17位ルールは、当POGのリストには指名馬の管理用に全馬に番号がふってあるのですが、その番号の下一桁が2の馬限定、でした。これもディープ産駒なども指名できるルールですが、とりあえずディープに絞って該当馬の中からメイキアシーを引き、指名終了。

                       

                      今年はディープは抑え目にし、その代わりに走りそうな条件を満たしている馬や即戦力をバランス良く取れたと思います。良い勝負になるとは思うんですけどね。

                       

                       

                       

                      他にもPOG関連の情報なら一口馬主さんのブログやPOGネタを扱っているブログを探して 見ては如何でしょうか。

                       


                      一口馬主ランキング
                      にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
                      にほんブログ村

                       

                       

                      JUGEMテーマ:POG



                      オススメ競馬予想サイト

                      自己紹介

                      管理人:keibax
                      競馬と野球、ゲームにアニメ
                      旨いものが大好きな管理人です。
                      特に競馬はブログやメルマガやったり
                      電子書籍を出したりと色々やってます。

                      相互リンクも受付中

                      お問い合わせは下記のメールかツイッター
                      までお願いします。

                      メールアドレス gogosk1978@yahoo.co.jp

                      ブログランキング参加中

                      電子書籍関連

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM