中山金杯 2022 予想(中山メイン)

競馬予想【中央】

日曜中山メイン 中山金杯の予想です。

過去10年のレース結果を基に予想のポイントを割り出し、今年の中山金杯の予想をおこないます。

スポンサーリンク

中山金杯 過去の傾向

 

過去の傾向から予想のポイントは、、、

※ ◎は特に重視したデータ

◎今走3番人気以内【8-2-3-17】5倍以内なら【6-2-3-8】

◎今走4~11番人気【2-8-7-63】

・今走単勝30倍以上【0-0-3-68】

・4歳馬【2-3-2-18】5歳馬【4-4-2-21】6歳馬【3-3-3-30】

・斤量53.5~55キロ【3-3-3-47】

◎斤量55.5~57キロ【4-4-4-55】

・斤量57.5以上【3-2-2-5】

・前走G2組【4-1-0-14】G3組【2-4-5-51】

・前走4コーナー通過順4~7番手【5-6-7-37】

・1~4枠【7-6-6-56】

・7枠【0-0-0-20】8枠【0-1-1-22】

 

 

中山金杯 2021 予想

 

◎ウインイクシード

〇ヒートオンビート

▲トーセンスーリア

△ヴィクティファルス

△シャムロックヒル

注ロザムール

 

本命はウインイクシードにします。

大体上位人気と人気薄の組み合わせで決まるレースで大体単勝10~15倍の馬が良く絡んできている事から、穴狙いで攻めてみたいと思います。

 

ウインイクシードは昨年の3着馬で、全体的に中山で好走歴多数。直近3戦は勝ち馬とほとんど差がないレース。不利な大外ですが、昨年も大外で3着なら大丈夫と見ました。

 

相手は、ヒートオンビート。前走チャレンジカップで2着と好走し、今回も中4週で叩き3戦目。内枠でこれから伸びてくる馬で先ず勝ち負けに絡みそう。

 

トーセンスーリアも好調なトップハンデ馬。今回逃げ馬が2頭いて、ハイペースに巻き込まれるとどうなるかですが、自分のペースで走れれば能力はトップクラスなだけに勝ち負け。

 

後は、中山で実績のあるヴィクティファルスとシャムロックヒルとロザムールのハナを切りそうな逃げ馬押さえておけば、いいんじゃないかと思います。

 

買い目は3連複フォーメーションで16-4,7-4,6,7,9,11とワイド4-16で勝負です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました